季節の植物を楽しもう

寒い冬を終え暖かい春を迎える時に、色とりどりの花や植物が咲いていたら心も明るくなりますよね。あなたもお庭やベランダで春のお花を育ててみませんか?ここでは、口コミ体験談から初心者でも育てやすい春の花をご紹介したいと思います。

初心者OK!体験者がおすすめする育てやすい春の花とは

長く楽しむならペチュニア

長く楽しみたいなら、開花時期が長いペチュニアがおすすめです。色の種類も多いですしプランターでも育てられます。

可愛らしいマーガレットで華やかに

マーガレットは育てやすいので初心者におすすめです。私は白のマーガレットをたくさん植えて庭で楽しんでます!

香りを楽しむならゼラニウム

アロマオイルにも使われているゼラニウムは見た目も香りも楽しめます。多年草ですし、置き場所に気をつければ育てやすいかと思います。

園芸用品

季節を彩る

春になると様々な場所で緑が芽吹いてきますが、色味がなかった冬の景色が色づいてくるのを見て春を感じる人も多いかもしれません。温かい季節を迎えると、動物だけでなく植物もその活動が活発になるので、春は多くの植物が花を咲かせる季節でもあります。春は入学や入社などの新生活の季節なので、様々な花に触れる機会も多くなるのがこの頃です。また、秋口に植えておいた球根なども芽吹いて花を咲かせ、1年でいちばん色とりどりの植物の姿を見られることになるので、普段花などに馴染みのない人でも自然と景色の変化が感じられるでしょう。もちろんガーデニングが好きな人にとっては、種まきや植え替えのシーズンとなるので、楽しみが増えるのかもしれません。どんな植物も元気になり、再び成長を始めるため、より良い環境にしてあげることが必要にもなってきます。

自分でも挑戦

年間を通じて庭仕事などに親しんでいる人にとって、春は花が咲くだけではなく次の季節への準備期間であると考えることも必要になっています。植物は種をまいたりすることなしに花を咲かせることはできません。野の花も人の手によらないまでも自ら種を落としたり、飛ばしたりして次の世代へ引き継いでいます。春になってホームセンターや園芸店に行くとたくさんの苗が売られているのを目にしますが、その頃が苗を植えるのに適した季節だからです。新生活の始まりとともに、今まで経験したことがなくても苗を植えたりすることにチャレンジしてみるというのもいいかもしれません。次の季節である夏になれば、自分の植えた苗が育って花が咲くのを見ることができるでしょう。春の植物は、厳しい冬を越すことができて初めて花を咲かせることができますが、そのためには人間の手も必要だということを理解しておけば、春の楽しみがまた違ったものになるのではないでしょうか。

広告募集中